読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいやんが走るで!

たまりばーをテクテク。。

【レポ】郡山シティーマラソン

ハーフを走ってきました。

 

■結果

f:id:oiyan-run:20170429181938j:plain

目標の85分に@10秒届かず><

 

■レース概要

5kmで体に異変が><

f:id:oiyan-run:20170429182015j:plain

てか、距離がちょっと長くないですかね?(言い訳)

 

■レース詳細

天候は雲一つない快晴。

暑さと風は言い訳にできない程度で、天候は申し分なし。

 

装備はTシャツに短パン、シューズはジャパンブースト。

自前の補給は無し。

 

スタート~5km

f:id:oiyan-run:20170429182252j:plain

入りは3分台でいい感じ。

最初は「ペースメイクうまいな~自分」とか調子に乗りながら走る。

・・・が、3kmくらいからスネが痛いというか重くなってくる。

ふくらはぎではなく、脚の前側。

最近使ってない筋肉が速いペースにびっくりしたのかな??

膝から下が重くて、3kmですでに3分台を維持できていない><

 

5km~10km

f:id:oiyan-run:20170429182538j:plain

5km過ぎ、右足のスネがピクピクッと痙攣し始める。

「え?君、ひょっとして攣ろうとしてる?」と問いかけたくなった。

こらアカンと思い、一時的にペースダウン。

再びペースを上げようとするが、膝から下が重くて重くて全然上がらない。

特に抑えてるわけでもないのに、キロ415を維持するのに必死。

この区間で、「フルの中間点通過より遅れるかも・・・」とか

「何とか90分は死守したい」と思い始める。

10km手前の激坂では一瞬歩いてしまうんじゃないかと思った。

 

10km~15km

f:id:oiyan-run:20170429182933j:plain

11kmを過ぎたあたりから、慣れてきたのか、ほぐれてきたのか、

スネの重さが徐々に消え、軽く走れるようになってくる。

激坂の下りでは、「やっぱり自分は下りの走りがヘタクソやな」と実感。

思うように走れるようになってきたので、徐々にペースアップ。

 

16km~ゴール

f:id:oiyan-run:20170429183228j:plain

ここからはもう心肺との勝負。

なるべくストライドを意識して走る。

この大会は5km、10kmなど種目が多く、

ゴール時間が大体同じになるようにスタート時間がずらされているので、

ゴールに近づくほど渋滞がおき、ラスト3kmくらいは走りにくかった。

この区間はラップタイムだけ見て、あと何分とかは見ないようにした。

ゴールで時計を見たらちょっと超えてた><

 

■反省

スピード練習をしていないのもあるけれど、

疲労が抜けきってないところに、普段以上のスピードで入ったのが敗因かな?

後半、復活したから良かったものの、復活しなかったらどうなってたか。。。

来月の軽井沢では今度こそ85分切りだ。