おいやんが走るで!

たまりばーをテクテク。。

【青太レポ1】3kmで終わった俺の旅

青島太平洋マラソンのレポその1

前日~5kmまで。

 

■前日

宮崎に午前中に到着、日差しの強さにビビります。

去年もそうでしたが、東京と気温は同じでも3倍暑い。

天気予報では、当日も晴れて前日より気温が上がる見込み。

 

暑さとの勝負になることを覚悟します。

まあ、そのために南国に走りに来てるわけなので、大歓迎です。

 

・・・が、結果的に天気予報が大ハズレ。

晴れの14度予報が、実際は小雨の9度止まり。

 

来年の参加も決定したので(笑)

かぶらないように、備忘録として前日の食事。

11時半 宮崎牛のステーキ(平家の郷)

14時半 宮崎ラーメン(栄養軒)

18時  チキン南蛮(おぐら本店)

19時半 蜂楽饅頭2個(大判焼きの亜種?)

いかにも宮崎らしいラインナップ(笑)

 

■当日スタート前

7時半前に会場着。

更衣室と荷物預けのある武道館へ。

この時点では快晴で、日中は予報通り暑くなると思われました。

アームカバーも手袋も不要と荷物と一緒に預けて、アップと整列へ。

 

整列ブロックへ入ったあたりから、厚い雲が急速に広がってきます。

気温が全く上がらず、風もあるため、ガタガタ震えながら待ちます。

 

■スタート~5km

ラップはこちら。

f:id:oiyan-run:20171211143914j:plain

とりあえず、キロ4で押していく作戦です。

 

が、スタート待ちで体がすっかり冷えたのか、

1km付近で腹がグルグルしてきます。

しかも、結構なビッグウェーブ(泣)

 

真剣に、スタート地点のトイレに戻ろうと思いました。

 

でも間違って計測マットを踏んだりしたら失格??

さすがに宮崎まで来て1kmで失格はあかん・・・

と思って、先にあるトイレまで走ることにします。

 

2km目の途中で止まり、コース誘導のおっちゃんに

「トイレは何kmですか?」と聞くも「ちょっとわからない」との回答(泣)

 

最初の給水は6km過ぎ・・・そこにトイレはあるのか??

てか、そこまでは持たない・・・どうしよう・・・と絶望。

 

その時、復路のトイレが目に飛び込んできます。

コースを外れて係の人に「トイレ使えますか?」と確認。

復路を横断してトイレへ駆け込みます。

 

用を足しながら、

わずか3km(もっと言えば1km)で終わってしまった・・・

この先どうしよう・・・という思いになります。

 

何とか一難を回避。

スッキリしたところで往路へ合流します。

 

キロ5を少し切るくらいのペースの位置に合流しました。

しかし、この先どう走ったものか、

4km行かずしてレースの方向性を完全に見失ってしまいます。

 

周りに合わせてキロ430で42kmジョグか・・・

と、トボトボ走りながら5kmを通過。

 

5km通過(公式)は25分38秒。

(トイレで無駄に走っているため、エプソンは大分手前で5km)

 

次回予告。

「俺はサブ3を諦めない!

閾値ペースで怒涛の追い上げ」