おいやんが走るで!

たまりばーをテクテク。。

【青太レポ3】ガチ泣き寸前の終盤戦

30kmを過ぎ、気温が低いところに小雨が降り出します。

ゴールまで。

 

■30km~35km(公式タイム:30分35秒)

f:id:oiyan-run:20171213184527j:plain

30kmを過ぎると、キリキリ腹が痛み出します。

序盤がグルグルだったのに対して、シャープな痛みです。

 

青島太平洋は32km過ぎでゴール地点に戻ります。

フィニッシュゲートを見てから10km走らせる鬼畜コース。

ここでDNFする人には優しいコース設計です。

 

そんな32km過ぎ、オナラをしたくなってきます。

しかし、なんというか、このオナラをしてはいけない気がします。

ガスだけではない「何か」が一緒に出てしまう気がするのです・・・

 

そんなことになったらマラソンどころではありません、即DNFです。

幸いにもコース脇に荷物預けのある武道館の常設トイレ。

慌てて飛びこみ、慎重にガスを出します。

セーフ。人としての尊厳は保てました。

 

コースに戻ろうとすると、目の前を3時間のペーサーが通過。

ヤバいww追いつかれたwwと思い、ダッシュで追いかけます。

すぐに追いつき、マージンを作るべく再び前に出ますが・・・

 

ここでOPP第2波の本震がやってきました。

運動公園内の常設トイレに飛び込みます。3~4分ほどのロス。

 

ここで完全に心が折れました。

さすがにここから3分以上のロスを取り返す気力も体力もありません。

 

後はもうダウンジョグ・・・と行きたいところですが、

OPPの悪魔はそう簡単に引き下がってはくれません。

 

■35km~ゴール(公式タイム:29分12秒+13分59秒)

f:id:oiyan-run:20171213185714j:plain

トロピカルロードにつながる橋を渡ったあたりで再びトイレへ・・・

もう勘弁してくださいと泣きそうになります。

 

37km手前の日向夏のゼリーエイド。

腹がおかしくて補給食を全然とってなかったので、ゼリーを食べます。

 

となりに飫肥天エイド。(さつま揚げみたいなの)

男子高校生が「おびてんあります~」と消え入りそうな声。

もうレースは捨てているので、せっかくなのでバクバクいただきます。

すると、高校生が「おおっ」と色めき立ちます。

 

「この時間の人たちは記録狙ってるから、寄る人少ないでしょ」とか、

「今日、めっちゃ寒くない??」とか、

男子高校生たちとしばし談笑。

 

38kmくらいで、はてなブロガーのshiomineさんにご挨拶。

「shiomineさんですか??おいやんと申します」と、怪しさ全開。

はてブロTシャツ着てなかったら変質者です。

しばし談笑してから応援頑張ってください!とわかれます。

 

しかし寒い・・・

腕の感覚はなくなってくるし、

鼻水はずるずる出てくるし、

腹はずっとキリキリ痛むし、

前かがみになってしか走れないし、

もう状態は最悪、マジのガチで泣きそうになりました。

 

あまりに辛くて、最後の2kmくらいの記憶がありません。

ゴール後もフィニッシュのコーラエイドをスルーしてトイレ直行です。

 

そんなこんなで僕の青島太平洋マラソンは終わりました。

 

■来年も参加します

サブ3の忘れ物を残したままなので、というより

暖かい青太らしい青島太平洋マラソンを走って終わりにしたい

という思いが強いです。

来年は体調も整えて、勝負したいと思います。