おいやんが走るで!

たまりばーをテクテク。。

【レポ】おかやまマラソン

色々ありましたが、まずはレース編。

結果は既報のとおり、2時間52分30秒。

 

エプソンデータ

f:id:oiyan-run:20171113170814j:plain

 

■前日カーボインしすぎ

デミカツ(ドミカツ)と中華そばを半々ではなく1人前ずつ。

ホテルに戻って御座候2個。

 

■当日

4時半起床(スタートは8時45分)。

5時にカロリーメイト2本とカステラ5切れ。

食欲はありませんでしたが、食べないと走れないと思い、コーヒーで流し込みます。

気温は思ったほど低くはありませんが、時期としては低めで曇り空。

秋としては絶好のマラソン日和です。

 

■スタート~5km(公式は20分15秒)

f:id:oiyan-run:20171113171221j:plain

ここでいきなりアクシデント。

1km付近にある陸橋のアップダウンが結構急で、

陸橋の下りで左ふくらはぎがピキッと突っ張る。

元々調子のよくない左ふくらはぎということもあって、

最悪、3km付近の岡山駅のあたりでDNFも頭をよぎりました。

 

なんとか走れているので続行を決意。

この区間はまだまだ団子状態で進みます。

 

■5km~10km(公式は20分07秒)

f:id:oiyan-run:20171113171532j:plain

この区間で、女子のトップ選手を含む集団になります。

ペースもちょうどいい感じで、後ろにめぼしい集団もないので、

今日はこのペースで攻めることを決意します。

スタートからコースも広く、すごく走りやすいコースです。

 

昨日の食べ過ぎなのか、体は欲していませんが、

10kmでマグオンを1つ補給しました。

 

■10km~15km(公式は20分16秒)

f:id:oiyan-run:20171113172012j:plain

ここで再びアクシデント。

オナラがしたくなってきたので、集団から車道の中央側に離れます。

が!集団の1人が僕の後ろを追ってきます。

違う!コース取りじゃない。僕はオナラがしたいんだ・・・

しょうがないので、少し振り向いて、

「すいません、オナラしますね・・・」と断りを入れます。

無事ガスを出した後、集団に戻ります。

後ろの人とは「申し訳ない」となんか友情が芽生えました。

 

少し女子選手のペースが落ちたかな??と思ったので、

女子選手の前で走る場面も出てきます。

 

■15km~20km(公式は19分57秒)

f:id:oiyan-run:20171113172646j:plain

15kmを過ぎて突然、女子選手がペースアップ。

明らかにギアを変えてきましたが、つけないペースではなく、

今日は攻め倒すと決めていたので、離れずに付いていきます。

 

それにしても、この女子トップ選手、

エイドに寄らず、自前の給水を持っているわけでもなく、

全く給水や給食で補給する気配がありません。

 

一方、僕は食欲もなく、体も欲してませんが、

このまま持って帰ってもなあ・・と思い、

20kmでマグオンを1つ補給します。

が!呑み込んだジェルがそのまま胃から口に戻ってきました。

思わず吐き出してしまいました。

この時点で、今日は補給いらんかな・・・と思います。

 

■20km~25km(公式は19分57秒)

f:id:oiyan-run:20171113173501j:plain

中間点を過ぎると、女子選手がさらにペースアップ。

マジか・・・と思い、付くかどうするか迷いましたが、

さすがにこれ以上は無謀すぎるということで、ここで少し離れます。

次の5kmでさらにペースアップしていたので、正解でした。

 

リズムは作れていたので、割と思い通りにキロ4付近で走れます。

前から落ちてきた人を拾っていく感じで、

目標を見つけて30kmまではこのまま攻めるぞ、と走ります。

 

■25km~30km(公式は20分13秒)

f:id:oiyan-run:20171113174106j:plain

30km過ぎに岡南大橋のアップダウンがあるので、

この区間は少し休むべきかとも思いましたが、

そんな弱気でどうすると思い、ペースは崩さず走ります。

 

田園風景も終わり、少しずつ応援も増えてきます。

予定通り補給をするかどうか迷いましたが、

やっぱり持って帰ってもな・・・と思ったので、

思い切って30kmで最後のマグオンを補給しました。

 

■30km~35km(公式は20分24秒)

f:id:oiyan-run:20171113174648j:plain

岡南大橋の登りでもさほどペースが落ちません。

橋の上では大きく深呼吸をして、あと12km頑張ろうと気合を入れます。

35kmまでこのペースで走れば、

あとはキロ415くらいを維持できそうな余裕はあるなと思い、

35kmまで死ぬ気で走るぞと脚を動かします。

 

岡南大橋を渡り終え、旭川沿いを北上。

やっぱり普段走ってる川沿いはいいなと思う余裕もありました。

 

ところがどっこい、そう上手くはいかず、

ここから試練が待っていました。

 

■35km~40km(公式は21分29秒)

f:id:oiyan-run:20171113175144j:plain

36km過ぎだったでしょうか、

右ハムがビクンビクンと痙攣。

「ここで攣ったら終わり」と思い、思わずペースを落とします。

 

レース中に攣ったことがないので、

どうしたらいいのか分かりません。

叩いてみようか・・でも刺激はまずいんじゃないか・・と悶々。

 

キロ430くらいだと何ともなく走れるようだったので、

430で様子見→少し上げてみる→やっぱり痙攣の繰り返し。

 

「攣ったら終わり」というドキドキ感で、

あと何キロとか全く見る余裕がなく、気づくと残り3kmの看板。

キロ5で大丈夫そうだったので、少し安心。

同時に無理はせずにペースを落とすかどうするか迷いますが、

ここまで来たら1秒でも速くとギリギリを攻めていくことに。

 

40km手前の最後の給水所。

高校生が「水かけますよ~」と叫んでいたので、

腰のあたりを指して、「脚にかけて~」と答えます。

 

「自分が」と思ったんでしょう、

4,5人の高校生が一斉にひしゃくで水をぶっかけてきました(笑)

かけすぎwwwwwと思いましたが、

こっちもテンションが高いので「サンキュー!!」とサムアップ。

 

■40km~ゴール(公式は9分52秒)

f:id:oiyan-run:20171113180350j:plain

ここでラスボス登場。

往路1km過ぎで左ふくらはぎにダメージをくらった陸橋です。

登り始めた途端、右ハムがビクンビクン。

ここはアカン・・・とペースを落とさざるを得なくなります。

 

登り切った時、この脚で下れるのか・・・??と超不安に。

とにかく衝撃はダメだと、ソロ~っと着地を心掛けます。

ビクンビクンしてましたけど(笑)

 

ここまでくると、攣りそうで攣らないのと、

攣ったら終わりというスリリングさとの間で、

なんか楽しくなってきます。

 

ビクンビクンとなるたびに、「おおうww」とか「うひょww」とか

訳のわからない笑いがこみ上げてきました。

 

そんなこんなで、2時間52分30秒でゴールしました。

 

■翌日の状態

左ふくらはぎがヤバい状態です。

岡山前から懸念はしてた箇所なので、

むしろゴールするまで爆発せずに良く持ってくれた感じです。

しばらくはスピ練は控えめにしておこうと思います。

 

以上、レース編のレポでした。