おいやんが走るで!

たまりばーをテクテク。。

【レポ】新潟シティマラソン

新潟シティマラソンを走ってきました。

今回のミッションは、

30kmの通過を2時間2分30秒切り(キロ405切り)でした。

 

理由は簡単。

次のおかやまマラソンでサブ55に挑戦する権利を得るため。

レース効果がある中でこれが達成できないようでは・・・

結果は惨敗でしたが(泣)

 

エプソン概要

f:id:oiyan-run:20171010161449j:plain

最後間違ってラップボタン押してしまい、少し止め忘れ。

 

重要:公式HPの高低図は全く信用できない。

 

■詳細

■スタートまで

4時半起床、5時にカステラをコーヒーで。

6時過ぎに新潟駅に着き、バスで会場へ。ここはスムーズでした。

仮設トイレはありますが、基本スタジアムとその周辺の既設のトイレ。

スタート1時間前でも、メインスタンド側のトイレは大もガラガラでした。

スタジアム内に集合して、スタート地点まで200mほど移動しスタート。

 

ラップはキロ表示の看板の横で手押しです。

 

■スタート~5km(公式タイムは20分13秒)

f:id:oiyan-run:20171010161835j:plain

スタート後、明らかに下ってます。

公式HPの高低図からは分かりませんが・・

この区間は特筆すべきこともなく淡々と進みます。

スタート前はピーカンで暑さが厳しいと覚悟しましたが、雲が多めに。

時折日が差しますが、暑さは想定内でした。

 

■5km~10km(公式タイムは20分33秒)

f:id:oiyan-run:20171010162515j:plain

5kmを過ぎると、集団もばらけてきます。

良いペーサー役がいないかなあ、と探しながら走ります。

万代橋のアップダウンはありますが、ここはまだまだ基本的に平坦で淡々と。

案外キロ4~キロ405の人がおらず、単独走になってしまいます。

10kmでマグオンを1つ補給しました。

 

■10km~15km(公式タイムは20分38秒)

f:id:oiyan-run:20171010162912j:plain

11kmでラップボタンを押し忘れて少しずれます。

押し忘れてもペースは分かるので全く問題ありませんでした。

この区間で女子2位の人に追いついたので、つかせてもらいます。

14,15kmは水底トンネルのアップダウン区間の往路。

トンネルは、下り・平坦・下り・平坦・上り・平坦・上りの階段構造でした。

ここのアップダウンは覚悟ができているので、それほどでもありません。

 

この女子2位の方、ツイッターやらFBを見ていて、あとで知ったのですが、

サロマを8時間8分という記録を持っており、サブ55を目指していたよう。

どおりで、ちょうどいいペースだったわけです。

 

この辺はまだまだ順調でした。

 

■15km~20km(公式タイムは20分59秒)

f:id:oiyan-run:20171010163544j:plain

水底トンネルの復路区間

あまりペースは見ていなかったのですが、

ついていた女子の方のペースが少し落ちていた模様。

前に出ようと思ったとき、キロ4くらいで走る3人組に抜かれます。

15kmでペースを上げたのか分かりませんが、兎にも角にも、

ここにきてちょうどいいペーサーきたああ!と思い、つかせてもらいます。

20kmでワンセコンドCCDを1つ補給しました。

 

水底トンネルを抜け、海岸区間に入ります。

ここからは平坦ぽいし、ペーサーもきたし、この時点では、

「今日は勝ったな」と内心思っていました。

 

そして地獄へ・・・

 

■20km~25km(公式タイムは20分56秒)

f:id:oiyan-run:20171010164258j:plain

海岸区間に入った途端、だらだら上りが始まります。

追い打ちをかけるように、真っ向からの向かい風。

なんか、高低図から想像してたのと全然違うな・・・と思いながら走ります。

 

ここで事件が。

21km手前、カーブを曲がると目の前に急な上り坂が・・・

リアルに「えっ?!」って声が出るほどの上り。

今、公式HPの高低図を見てもそんな上りはありません・・・なんだこれ。

 

不意を突かれたのか、この上りでペーサーの3人組に離されてしまいます。

慌てて追いますが、ダラダラ続く上りと向かい風で思うように進みません。

 

さらに追い打ちをかけるように、24.8kmの給水所。

給水に注意をはらっており、スポンジを取り損ねます。

ここで「あ、これは終わったかも」と終戦感が頭をよぎります。暑い・・・

 

とにかく、この20~25kmの区間がめっちゃ辛かったです。

 

■25km~30km(公式タイムは21分23秒)

f:id:oiyan-run:20171010165140j:plain

28km地点でラップボタンを押し忘れ。

この区間は片道2.5kmの往復区間

防砂林が始まるので、風は幾分マシになります。

が、スポンジを取り損ねたショックと暑さで、ペースがガクッと落ちます。

しかも、いやーな感じの緩いアップダウンが続きます。

 

さらにこの区間、羽虫が大量に舞っていて、まとわりついてきます。

コース脇の草刈りをお願いします・・・

30kmでマグオンを1つ補給します。

 

■30km~35km(公式タイムは22分20秒)

f:id:oiyan-run:20171010165740j:plain

32kmでラップボタン押し忘れ。

30kmを過ぎると、堤防の上にでて川沿いを35kmまで下っていきます。

いつも走ってるような風景で気持ちは良かったのですが、

32kmを過ぎてから、脇腹が痛くなってきたので、少しペースを落とし様子見。

なんどか堤防から下りたり上がったりするのが地味に辛いです。

 

32km過ぎでQちゃんこと高橋尚子さんとハイタッチ。

 

■35km~ゴール(公式タイムは22分15秒+9分47秒)

f:id:oiyan-run:20171010170316j:plain

35kmで折り返して、堤防脇の道路を川上へ向かいます。

脇腹の痛みも大丈夫そうだったので、わずかながらペースが回復してきます。

37km手前で再び高橋尚子さんとハイタッチ。

 

そして問題の歩道への折り返しで、思いっきり躓き、四つん這いになります。

あの段差はやっぱり危険ですって・・・37km走って脚上がらんのに。

 

兎にも角にも残り5km。

ペースを上げることはできませんが、維持することは出来そうなので淡々と。

 

40kmくらいで、女子1位の選手を抜きます。

女子優勝はサブ40ランナーの井野さんで3時間ちょっと。

ヘロヘロになっておられたし、やっぱり過酷なコンディションだったんだなと。

 

サブ3は意識していなかったので、間に合うのか分かりませんでしたが、

残り1kmで確認すると、キロ5くらいで大丈夫そうだったので、

少し安心しました。

 

公式タイム2時間59分4秒でゴールしました。

 

■ゴール後

手荷物がまさかの屋外管理での受け渡し。

走られる方は、雨になりそうなときは注意したほうがいいかと。

 

■次どうする・・・

35kmの通過は1月の勝田とほぼ同じ。

余裕度を考えると、怪我がなければ勝田は57分台で走れてそう。

走力落ちてる??

コンディションを考えると上がってる??

分からない・・

 

今回は、岡山までの計画として、

ホップ:レース効果で30kmをキロ405切り

ステップ:3週間前に単独で30kmをキロ405切り

ジャンプ:岡山では余裕を残して30kmをキロ405切り

を考えていましたが、ホップですでに失敗・・・どうしようか。

 

とりあえず、次頑張りますということで、

新潟シティマラソンのレポでした。