おいやんが走るで!

たまりばーをテクテク。。

【大会の中止】運営の涙

関東地方は台風一過で真夏日

 

三連休はあいにくの天候で、各地で大会が中止になったり短縮になったり。

こういう話を聞くと、僕がどうしても思い出すのは、

UTMF2016の鏑木さんの涙

 

参加者はもちろん無念だと思いますし、やりきれない思いになると思います。

運営側は、直前の中止だと、出費を抑えられないので費用面で痛いと思います。

実際は走れたんじゃないのか??などの思いや文句が出るのも分かります。

 

でも、運営もその大会に向けて、費用の損得勘定だけじゃなくて、

最大限の努力をして、もてる限りの情熱を注いできたはず。

ランナーの大会にかける意気込みも十二分に理解してくれているはず。

そうであって欲しい。

 

UTMFの鏑木さんの涙は、その証拠だと思う。

 

特にトレイルは悪天候も込みでのレースなので、判断がさらに難しい。

ロードではないので、自然への影響も考えなくてはならない。

自分もランナーで、ランナーの無念も分かりすぎるほど分かる。

そういう中で断腸の思いで決断をしなければならない。

辛いだろうなあ・・・

 

まあ、何が言いたかったかと言うと、

昨日、雨降ってるのに普通に走ってる人多すぎでしょ・・・

風邪のリスクを考えると、そろそろ雨中のランをどうするか、考え中。

 

今日は時計は見ずに適当にゆるジョグ。

シューズはウェーブライダー

補給に500mlのミネラルウォーターを手に持って。

f:id:oiyan-run:20170918111055j:plain

適当なペースで適当に行って戻ったらこうなった。