おいやんが走るで!

たまりばーをテクテク。。

【レポ】黒部名水マラソン

富山の黒部でフルを走ってきました。

 

■結果

f:id:oiyan-run:20170605155103j:plain

3時間23分41秒・・・なんとも言えない微妙な記録ですが、

内容はタイムの見た目以上に、大大大撃沈です(泣)

 

■概要

f:id:oiyan-run:20170605155412j:plain

35km手前で途切れてるのは、トイレではなく、

走れなくなり、立ち止まっての回復待ちです(泣)

 

■詳細

・スタートまで

朝起きると雨が降っている・・・「ええっ!?雨の用意なんて一切ない」と困惑。

しかししかし、スタート時には快晴。

スタート時は「暑い」というより、「爽やか」という感じの天候。

出発時は雨だったので、日焼け止めを後泊の荷物の中に忘れる。

その結果・・・

f:id:oiyan-run:20170605162945j:plain

1日だった現在、ヒリヒリして痛い><

 

・スタート~10km

5km通過は21:03

10km通過は42:01(この5kmは20:58)

この区間は平坦な区間なので、大体いつものフルと同じような感覚で入る。

ペースはイーブンで刻めていたが、時期的に少し速いかな~と思いながら走る。

10km手前くらいで、これから上りが始まるし、

1つ後ろの集団のほうがいいかな~と思い、カーブのときに後ろの集団を確認。

・・・が、後ろには集団どころか人が全然おらず「?!」となる。

しょうがないので、今いる集団についていくことに。

 

・10km~20km

15km通過は1:03:05(この5kmは21:04)

20km通過は1:24:24(この5kmは21:19)

10kmを過ぎると23kmまで上りが始まる。

特に12~14kmが結構な上りで、15~17kmまでアップダウン有。

17kmからはひたすらダラダラ上っていく。

上りなので少しペースは落ちるが、集団のペースが思ったほど落ちず、

レース前の想定よりも速いペースで進んでいく。

15kmでマグオンを1つ補給。

 

・20km~30km

中間点通過は1:29:07

25km通過は1:45:26(この5kmは21:02)

30km通過は2:06:12(この5kmは20:46)

23km過ぎで折り返すと、今度は下りが始まるはずなのだが・・・

スタート前に、横の人達が「復路は下ってる感じが全く無いよ」

と言っていたのを思い出すように、ほとんど下ってる感じがしない。

来た道を帰るわけではなく、アップダウンを繰り返しながら下ってる感じ。

所々で急に下って、少し上って、急に下って、少し上ってみたいな。

ただ、全体的には下ってるおかげか、少しペースは上がっている。

30kmでマグオンを1つ補給。

 

・30km~40km

35km通過は2:31:37(この5kmは25:25)

40km通過は3:07:05(この5kmは35:28)

32kmを過ぎたあたりで、軽井沢ハーフのときと同じく、右胸に激痛。

心肺が終わったのか何なのかわからないが、呼吸ができない。

ゼハッ、ゼハッ、ゼハッ、と過呼吸ってこんな感じかな~と思いながら。

ハーフの時は残り2kmなので押し切れたが、

今回は残り10kmあるので、このまま押し切るのは無理と判断。

一度完全に立ち止まって、呼吸の回復をはかる。

胸を広げて息を吸うと右胸が痛いので、膝に手をつき、ゆっくり深呼吸。

少し走って、もう一度立ち止まって、深呼吸していると何とか回復。

しかし、完全に立ち止まって血流が滞ってしまったのが悪かったのか、

脚に一気に疲労が溜まって、脚が動かなくなってしまった。

以降はジョグと歩きながら深呼吸の繰り返し。

 

・40km~ゴール

ゴールは3:23:41(この2.195kmは16:36)

ヘロヘロのジョグと歩きながらの深呼吸でキロ7分台のペースでよちよち進む。

ここまでくると、右胸は回復したものの、脚が全然動かない。

最後は何とかジョグしながらゴール。

 

■教訓

当たり前のことですが、

何か月も練習でロクに走ってないペースで42km走れるわけがない

もちろん、リディアードの練習方法が悪いわけではなく、

基礎の時期にガチで走ろうとした自分が悪いわけですが。

しかも記録を出しにくい大会で・・・

 

以上、黒部名水マラソンのレポでした。