読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいやんが走るで!

たまりばーをテクテク。。

【勝田】サブ3へ衝撃の結末

まずはこちらの画像をご覧いただきたい。

f:id:oiyan-run:20170130143851j:plain

お分かりいただけただろうか?

 

35km 2:27:16 ←いいペース。サブ3は硬いかな?

↓ からの~

40km 3:31:26 ←?!W?WW!!??!?!WWW

この5km:1時間4分 ←WWW?!!?!!?W?W?W?!?

↓ さらに~

ゴール 4:04:29 ←ウケるーwwwwwwwwwwww

この2kmちょい:33分 ←全参加者中の最遅レベルじゃね???

 

なぜこんなことになったのか。

■異変は序盤から

2km過ぎ、靴紐が緩かったのか、0.5大きい靴を履いてる感覚。

集団の中にいたので、気になるようなら少し走って締め直そうと思うも、

5kmくらいには気にならなくなっていたので、そのまま続行。

 

7km過ぎ、左足の土踏まずの外側が擦れる感覚。

こんなとこが擦れるのは初めてだし、しかもすでに水ぶくれになってる??

慌てて走りながら靴の中で足をずらすも改善せず。

まだ10kmも走ってないぞ・・・少しパニックに近い焦りに。

 

■さらに追い打ち

15kmを過ぎると、左足は完全に水ぶくれになってるのがわかる。

1歩1歩ひりつく様な鈍い痛みを我慢しながら歩を進める。

すると20km過ぎ、右足外側の同じ所にも水ぶくれのような感覚。

しかも、左足は足の外側なのに、右足は少し足裏にも広がってる。

着地するたびにブヨブヨと、水風船を踏んでいるような感覚になる。

 

■我慢の走り

中間点からはもうペースが速いのか遅いのかもわからない。

足元見ながら水ぶくれ破裂してないよな??と気が気でない。

なるべく足の外側で着地しないように、踵と親指のラインで走る。

当然、変な走り方になるので、母指球のあたりが痛くなってくる。

30-35kmまでの連続アップダウン、

登りはつま先着地で行けるので耐えられるが、下りが耐えられない。

 

■そして限界へ

36km過ぎ、カーブで少し踏ん張った時に右足にズリッと激痛。

これはやってもうたか!?と思わず立ち止まってしまう。

これまではアドレナリン効果か、何とか走れていたものの、

1度立ち止まって痛みを自覚してしまったことで、動けなくなる。

 

■キロ15分の世界へ

とにかく、着地ができないので、歩くことすらままならない。

残り6km弱なのだが、時計を見るとキロ15分かかっている・・

39kmくらいで自転車で見回りしてる救護班の方が、

「大丈夫ですか?救護車呼びますか?」と言ってくれる。

正直、歩くのも辛かったので呼んでもらおうと思ったのだが、

口からは「いや、あと3kmくらいなので歩きます」と発していた。

 

■這う這うの体でゴール

何人ものランナーから「ラスト頑張れ」と声をかけていただく。

風が強くなってきて寒くて仕方なかったが、何とか足を引きずり歩く。

最後の公園は走ろうと思ったが、1歩で「アカン」となり最後まで歩き。

ゴール後は体が冷え切っており、そそくさと着替えて退散。

 

こうして初めてサブ3を狙った勝田は、自己ワーストを更新して終わった・・・

 

全体の結果。

シューズはいつものジャパンブースト3。

f:id:oiyan-run:20170130151401j:plain